2020/08/03

GIOSミストラル2020でサイクリング

最近いくらか家にいることが多くなったからか
体重が増えてきている気がする・・。

やせることを目的に自転車に久しぶりに乗ってみよう!

そう思い、以前から気になっていたクロスバイク、
GIOSのミストラル2020を自転車屋さんで買ってみました。

これに乗る習慣をつければ健康にもよさそう。

納車を済ませ自宅に運び、Amazonで頼んでいたグッズやパーツ
を装着。

最初シンプルな装備のため、ライトや泥除け、ベル(未装着)
反射板など必要な装備を付ける必要があるのです!

次の日の朝になりさっそく出かけました。

場所は鳴瀬川サイクリングロード。


クロスバイクはタイヤが細いため、加速がかなり楽!
バランス感覚はすぐ慣れました。

サイクリングロードを颯爽と走り抜けると心地よい風。
気持ちがいい!

足がパンパンになる感じがしますが
こりゃあ習慣づければかなり体力もつきそう。

サイクリングロードでパシャリと撮影してきました。
こちらがGIOSのミストラル2020。かっこいいブルーの
クロスバイクです。

気付けば走り出して約30分。かなりの運動になりました。
楽しい~。

これからもミストラルで走るのが楽しみです。

漫画は今クリスタで製作を行っております。
頑張ります。

2020/07/01

新しい漫画描いています。「夢」について

久しぶりの更新になってしまいました・・。
新しい漫画に取り掛かって数か月経ちます。

今ペン入れ背景を描いています。

冒頭のこんなシーンを。


この漫画のタイトルは「ドリームリアリゼーション」

です。

「DREAM REALIZATION」。夢実現の意味です。

この自分なりの英造語は実は釣りのステッカーにも
しています。

以前夢実現のステッカーの製作に挑みたいと
ブログに書きましたが構想が固まりやっと動き出してみました。

ちなみにドリームリアリゼーションステッカーはこんな感じです。


それまでステッカーにしたことのある魚のオールスターバージョン
にしてみました。

「夢」を大きくテーマにしたステッカーです。

釣り人の夢をテーマにして製作してみました。

釣りステッカーは購入いただいた方におまけも付けているのですが
現在のおまけステッカーの主力となっております。

新しい漫画のタイトルもドリームリアリゼーション。

夢。

自分は果たしてどんな夢を持っていたんだろうか、
自分はこのテーマをきっかけに考えてみる機会が与えられた
ような気がして夜寝る前に考えてみました。

自分は昔から絵や漫画が好きで今でも漫画を描いている身ですが
小学校の頃、文集に漫画家になりたいと書いていましたので
小学校の頃からおそらく漫画家になりたいと思っていたのでしょう。

今はどうなんでしょうか。

その前に自分の考える「夢」という言葉についてを書いてみたいです。

夢と聞くと寝るときに見る夢を想像する方も多いとは思いますが
今回は起きているとき、現実にある夢についてです。

夢というと夢を追うよりも現実を見て行動しなさい、
その方が人生においてはいいんだ。そう思う方もいるのでは
ないでしょうか。

たまに夢の対象的位置に置かれるのが現実だとかリアリズム(現実主義)的
な事だと思うのですが自分はこう思います。

夢というのは現実により近い、現実に寄り添うものであり、
現実を伴って現実と一緒に常に存在するものという認識があります。

夢がないと生きていけないぜ、という歌詞の歌もあります。
自分が好きなブルーハーツの歌です。

自分はどちらかというとそういう歌の世界に近い人間だと
思っておりまして夢を追うよりも現実を見なさい、というよりも
現実に生きるのなら夢を大事にしたいと思っている人間の一人です。

というよりも夢というのは大きな意味、人生における大きな夢
という意味もありますが夢ということや夢と呼ぶのにあまり
違和感というか昔感じたような恥ずかしさ(昔自分の夢を
話したりするのに照れ屋だったので少し勇気が必要だった気がします。)
を感じたりしないのは実は夢というのはもっとテーマが小さめだったり
大きめだったり一日の目標の一つだったり人に語らせるのに
ちっとも恥ずかしさやためらいを感じさせないような身近なもののような
気がするんです。

例えば今日は久しぶりの釣りで大きな魚を釣るのが夢なんだ。

今週はダイエットして〇キロ痩せるのが夢。

来月高いけどお気に入りの雑貨や洋服を買うのが夢なんだよ。



こんな形でもっと身近に語られて本来もっと気軽に話したり
できるものなのではないかと思っています。

そんな思いから今回のこの漫画やステッカーなどができているの
かもしれません。

小さなものではなく大きな夢の意味からいえば自分は夢を実現したかといえば
そうではありません。

夢は難しかったり取っつきにくかったりするものではないんだ、
もっともっと一個人一個人が簡単に気軽に話したり語ったり
できるものでいいのではないか、そう思ってこれからも
こういう作品を作ってゆきたいなと思っております。

さて、子供のころ抱いていた漫画家になりたい、という夢はまだまだ
追い続けてゆきたい夢です。

今現在どんな夢を描いているのか、自分なりに考えてみました。

それは以前釣りのブログに何気なく書いてみたことが今でも
大きな夢になっていることに気づきました。

少し前自分のブログを読み返してみたのですが読んでみると
こう書いてありました。

「自分の作品が読んでくれる人に希望を持ってもらえること。
そういう作品作りができるようになること。
自分の作品が描いた自分自身にも希望を持てるようになること」

読んで気づきました。数年前に書いたブログ記事ですが
これがきっと自分の夢です。

小学生の頃抱いていた「漫画家になる」という夢も現在
持ち続けている夢です。

夢は一つではない。たくさん持っていてもいい。個人により千差万別。

ずっと持ち続けてもいいし変化もするもの。変幻自在。

そう考えると不思議なものっぽくて寝ているときに見る
夢と似ているな、と思う次第です。

地球は大きい。宇宙はもっと大きいです。
それに比べて自分はちっぽけだと思う時もあります。

しかし自分がちっぽけだって大きくたって夢を語るときは
地球や宇宙と一緒になった気持ちで夢を話したり語ってみたいと
思って今回のブログにしてみた次第です。

というわけで自分の夢は漫画や絵でいうと、

人や自分が希望の持てる作品作り。漫画家になる。

ということです。

「夢」という言葉が大好きな者としまして
もっともっと一日一日に夢を込めて生きてゆきたいと思っております。

いつもと違う夢の雰囲気のような?不思議なブログになってしまいました。(笑)

明日からも時間がある限り描いていきたいと思います。

頑張ります。   seiyou

2020/05/01

漫画完成しました

新しく製作をしていた漫画が完成しました。

今回の漫画は今までたくさん50ページ近くのページ数を
描いていたのに比べて漫画賞によく募集されているのを
見ますページ数32ページにまとめました。

表紙の一部をアップしてみます。


主人公の絵です。

今までの漫画はバトルが多かったりファンタジーだったり
現実と離れた要素が多いジャンルでしたが今回の漫画は
より現実に寄り添った内容になっております。

今月中に出版社に投稿する予定です。自信作になっております。

次回作のアイデアを練らないとなあ。

がんばります。

2020/04/13

自信作製作進行中です

新しい漫画の製作が順調に進んでいます。

自分の好きなものをテーマにした漫画。
今回は自信作なのです!

こんなシーンをアップしてみます。


キャラとキャラ同士の出会いのシーンです。


今回の作品、魂を込めて自分の作品の中で
最高の漫画にしたいと思います!

サイト訪問者の方々、この頑張らなければいけない状況。
楽しいことも苦しいことも悲しいこともいっしょに乗り越え頑張りましょう。
いつも見ていただきありがとうございます。

お身体を大切に気をつけてください。

自分も頑張って身体に気をつけて頑張ります。

梶原青洋

2020/04/07

下描き描いています

ちょっとずつ下描き進めているところです。

今日はこんなシーンをアップしてみます。


表情豊かにポーズも動きが豊かになるように工夫しています。

現在1/3くらいまで進みました。

今月中にはペン入れまで進みたいところです。

 
コロナウィルス引き続き気をつけてゆきたいです。

頑張れ、日本!頑張れ、世界!

この事態、早く収束してほしい。

なるべく家にいます。

この際、家でしかできないことをたくさんして
ゆったりと過ごしてこうと思っております。

正しい意識、注意をもっていれば感染してしまう
可能性も減るはずです。

今を耐えればウィルスが減り、感染者の方も改善して
必ず事態が好転することがくるはずです。
特効薬の開発もあるはず。

耐えましょう。自分も頑張ります。

2020/03/26

新しい漫画製作開始してます

新しい漫画の製作を開始しています。

今回はよく募集されている32ページくらいにまとめようと
思いこれからネームを描くつもりです。

今日はプロットとキャラの絵を描いてました。


今まで描いてきた漫画の傾向はバトル、ファンタジー、
などが中心でしたがより一層日常に基づいた感じの
テーマの漫画を描くつもりです。

そのつもりでしたがちょっと今までの感じのファンタジー要素を
くわえる感じのプロットになりました。(笑)

6,7月くらいに完成させるつもりで描きたいと
思っております。

ちなみに前回の漫画は今日投稿する予定です。

焦りながらも直前まで修正作業をしていました。
 
新しい漫画製作!さあ、やるぞっ。

コロナウィルス大きなニュースになっていますね。
細心の注意で気を付けましょうね。自分も気を付けます。

自分もマスク、手洗い、こまめな手の消毒、うがいなど
なるべく人の多いところに近づかなかったり長居しないようにしたり
気をつけています。

早く安心して暮らせる時が来るのを待ちたいです。

2020/03/08

完成ですっ!

本日クリスタ編集が終わり、漫画終わりました。

完成期間40ページを約3か月。
絵柄を変えたせいか製作スピードが前回よりいい感じです。

こんな感じの表紙になります。


現代でまだ発明されていないタイムマシーンがテーマになっています。

タイムマシーンができていたら現在のニュースで
未来人や過去人が出現しているのでは、という
主人公の疑問は打ち破られるのか?

過去の後悔や思い残しを夢にまで思い出し
過ごす日々が続く主人公青田。

タイムマシーンに搭乗した主人公が自身の最大の後悔と
戦うために過去へとタイムトリップする話になっています。

このホームページで公開してみるのはちょっと先ですが
これからいろいろなところへ投稿してみるつもりです。

とりあえず、ウオー完成だ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!!

ちょっと休んでから次の漫画のアイデアも練りたいと
思います。

益々精進がんばります。

PS.先日マッサージ屋さんに行ったのですがまた
やっていることを的中されまして「描きものされてますか?」
と言われました。初めて言われたのですが嬉しいですね。(笑)

2020/02/27

クリスタ入りました

今クリスタで編集して漫画を描いています。

表紙も描きあげました。


いい感じに漫画の内容を表せているかなと思っております。

完成まで走るぞー。

コロナウィルス怖いですね。

東北にはまだ感染してしまった方がいないようですが
いつ出てくるかという感じですね。

出掛ける時にはマスクを忘れないようにしたいですね。
品切れ状態ですが政府でマスクが家庭にいきわたるように
準備をしているそうですね。

早くしてほしいものです。花粉症の季節もきていますし・・。

ウィルスはアルコール消毒に弱いようなのでマスクがない場合は
こういった別な対策で補ってゆきたいですよね。

特効薬の開発も急いでほしいなあ。
世界中の研究者の皆様、よろしくお願い致します!

念には念を入れ、万事できる予防して気をつけてゆきましょうね!

自分も気を付けます。

2020/02/18

2ページ漫画「限定割引」

今投稿用の漫画は背景が描き終わりました。

こんな漫画を思いついて描いてみました。

「限定割引」




以前牛丼屋で100円を隣のお客さんに出していただいた
思い出をブログに書いてみましたがちょっと変えた
バージョンです。

ほっこりしていただけたらうれしいです。

また描いてみます。

2020/02/06

サイトBLUECOMPOSEについて思い出してみる

昔を思い出す懐古シリーズ、今回はサイト名BLUECOMPOSE
について探っていきたいと思います。

BLUECOMPOSEというサイト名を付ける前は
COMICandBASSというサイト名でやっておりました。

当時から見ていただいている方がいたら嬉し恥ずかし
嬉しい限りです。

漫画とバス釣りが好きだったのでCOMICandBASSという
サイト名でなんとなく漫画と釣りのホームページを開設してみました。

BLUECOMPOSEもこの漫画と釣り、ということに深い関わりがある
のでした。

それはどういうことかというと自分が当時の友達を描いたアクリルガッシュの
絵に由来しているからです。

中学生の頃、よく釣りを一緒にする友達がいました。

その人と、
「釣りは趣味じゃなくて生活だよな」
などと話すくらい釣り好きな友達で放課後家に帰ると
すぐ近くの堀へ釣りに出かけたりしていました。

お互いの夢を語り合ったりする仲でもありました。

建築関係の仕事に就くのが夢だと言っていたけど
どうしているかなあ。

ある日、その友達が転校することに。

「おれ転校することになったんだ」

「そうなんだ。いつでもまた会えるさ。」

そう言って家に来てくれました。

何度か友達の家に遊びに行って泊まったり相変わらず
釣りをしたりして遊びました。

寝ている時に一緒に遊びに行った友達と3人で
ものまね合戦をして爆笑したのを憶えています。

しだいに成長していくにつれ、疎遠になっていきます。

高校時代くらいに一度電話をしたっきりそれから
一度も連絡を取ることはなくなりました。

高校時代美術部だった自分は当時高校生美術展覧会
に向けての絵を描こうかという時でした。

題材に決めたのは友達。

友達の名前をタイトルにしました。

当時慣れなかった画材で黙々と取り掛かります。

空のところは水で薄めずチューブから出したまんまの絵の具で
描きました。

こんな絵です。


 空は一色、コンポーズブルーの絵です。

大きな樹があって中央にその友達が佇んでいます。
そんな絵を描き、なにか賞をいただきました。

「やったよ!〇〇!」

という気持ちでいっぱいでした。



それからホームページのサイト名をCOMICandBASSから
なにかにしようと思った時にこの時の絵を思い出し、
BLUECOMPOSEと命名してみました。

この時の絵や当時の自分を思い出すととても純粋な
気持ちで生きていた気がします。

よく人に自分は純粋な人だね、というニュアンスで
話しかけられたことがあったのですが
ピュアな人でありたい、という思いがとても
あります。

創作、創造というのはとてつもなくピュアで純粋なもので
あると信じています。

創作に関して純粋、ピュアというのはものを作るということに対して
創作するということに対して一途である、ということです。

絵をを描く一人の人間としていつまでも創作するということに
対してピュアでありたい、といつも思っております。

この絵を描いた時のような純粋な気持ちで漫画や絵の
製作をしていければいいなといつまでも思います。

釣りのステッカーでTROUT DREAMというシリーズの
ステッカーを作っているのですが、5シリーズ目を
向かえたので名前を変えて作ってみたいと思っていました。
 
そんなことを考えましたので、近々ですが

DREAM REALIZATION(夢の実現)
ステッカーを作ってみようと思ってきました。

やるぞー。早く興味を持っていただいた方々の元に
届けられるように製作をしてみたいと思います。

がんばります。



今背景描いていました。

2020/02/03

自分の絵の原点を探る~Y先生~

最近のブログは昔を振り返る、ということをテーマにしていましたが
なぜ自分が絵、漫画を好きになったかを振り返ってみたいと
思います。

ダークな怖い話ばかりでしたが今回は明るいテーマです。(笑)

自分が絵を好きになったのは思い出してみると幼稚園くらいの
ことでしょうか。
今でも絵を描いているというのは飽きっぽくてRPGゲームも
滅多にクリアできない自分にとってすごいことだな、
と自分を褒めてあげられる、ちょっとだけ自慢できることでもあります。

なぜ今でもすごく絵、漫画を楽しく描いていられるのか、
その原因は当時の幼稚園の担任の先生のおかげなのではないかと思っております。

当時先生の顔を描く、というテーマをもらいみんなでそれぞれ
一枚一枚絵を描きました。

先生がその時に言っていたのが、
「できるだけ大きく、紙いっぱいに描いてね」
ということを憶えています。

そうか、先生の顔を紙いっぱいに描けばいいのか、
そう思って一生懸命描きました。

絵を描く授業が終わってもまだ描きたいここは色をまだ塗っていないし・・
という思いでいたら先生が話しかけてくれたような記憶があります。

「〇〇君、一生懸命描いてすごいじゃない!先生の言った通り、
顔を大きく描いてくれたね。まだ描きたいのね、じゃあ先生も
手伝うね。」

そう言っていただいたのを憶えています。

当時の自分の思いからすれば、えっ一生懸命すればこんなに
褒められるのか。先生の言った通り自分の思った感じに
描いてみたんだけど嬉しい。

という感じだったのではないかと思います。

先生が休み時間に一緒に描こうと言ってくれて
先生のアドバイスの元、描き続けることになりました。
先生のアドバイスは自分のイメージを決して崩さず、
そばで支えてくれる感じの話し方でした。

「ここは描かないの?ここはこの色はいや?歯を描いてみたら?
肌は肌色がいいんじゃないかな。」

など話しかけてくれたのを憶えています。

といっても当時からちょっと頑固なところがあったので
先生のアドバイスも自分がいいと思ったらここはこうしたいです。
と言って先生のアドバイスを聞きながら自分のペースで
製作をしたのを憶えています。

自分の言ったことを聞き入れなくても笑ってみてくれる
優しい先生でした。

絵を描くのって楽しい。

描き進めるうちに自然とそう思っていました。

このY先生は絵を教えるのではなくて絵を好きにさせて
くれた恩師なのでした。

やっと完成した一枚の絵。

これだけ一生懸命描いてえらいね。
すごいよ!

また褒めてくれました。

この絵です。



先生はその絵を宮城県の造形教育作品展に出品してくれて
どこかに展示されたようです。

それからたくさん漫画や絵を描くようになりました。

絵を好きにさせてくれた恩人、恩師の先生の話でした。


自分も現在ちょっと絵を教える立場にいましてY先生の
ことを思い出しながらやっていければいいなと今思いました。

口癖を作っています。

それはいいなと思ったら、素直に
すごいね、素晴らしいですね、いいね、いいですね、すごい!

と声をかけてみることです。

生徒さんがすごく嬉しそうな顔をして描く手が弾んだら
こちらも嬉しい限り。

絵を描くということを好きになってもらう。
そして自分の好きな絵を描いてもらう。

Y先生を思い出してこれを目標にしてこれからもやっていこうと
思っております。

頑張ります。

2020/01/31

冬の不思議な話 第二話 「アパートでの話」

ちょっとトーンのせてみました。



これも学生時代の頃の話です。

中学生の頃から金縛りがひどく、寝苦しいな、
今日は金縛り来るな、と思っているとほぼ
金縛りにあいました。

この頃の話もあるのですが今回はもうちょっと
大人になってからの話です。

金縛りにあうのは仰向けになっている時に多いので
その時はうつ伏せになって寝ていました。
その時に暮らしていたアパートでの話になります。

うつ伏せになっていても金縛り。
疲れているのか。
そう思っていると背中になぜか気配が。

ポンポンと子供が自分の背中に乗ってジャンプしているんです。

嬉しそうにキャッキャキャッキャしています。

金縛りが解けるといなくなっていました。

そのアパートでの話がけっこうあるので書いてみます。

アパートでの話①
「写真」

そのアパートでとある打ち上げが行われました。

一人がカメラで写真を撮っていました。

あとで現像した写真を確認してみると
自分が寝ているベッドの上にダウンジャケットが
掛かっていたのですがそのダウンジャケットの辺りに
その時にいなかった人が。髪の長い女性で後ろ姿です。

驚くことにその女性の姿は透けていて
自分のダウンジャケットの近くにいると思ったら
ダウンジャケットの前にいて姿の中にジャケットが
写っている感じでした。

こんな人は確認してもいなかったんです。

近所の神社に写真のご供養をお願いしたのですが
「すみません。そういうのはやっていません」

と断られ、もしや神社でも取り扱えない恐ろしい
写真なのか!?と一瞬思いましたが
普通にゴミとして処分しました。

ネガも後ほど残っていたので処分しました。

アパートでの話②
「光」

なんとなく寝付けない日がありました。

どんなに向きを変えても寝れない。

その時です。

目をなぜか開けたくなったんです。
目を開けていれば眠くなるかな。
そう思ったのだと思います。

目を開けた瞬間。

目の前に無数の光が空中を飛んでいます。

いわゆる心霊番組でオーブなどと呼ばれていて
写真などに写ったりしていますが肉眼ではっきり
みえました。

その無数のオーブ。数秒で流れるように見えなくなりました。

なんだったのか、今思っても不思議です。

そのアパートのコタツで寝ていた家族が寝ていると
なんか不安で誰かがぐるぐる回っている気がする。
ということも聞いたことがあります。

今回はアパートでの不思議な体験でした。

読んでいただきありがとうございました。

冬の不思議な話 第一話「居眠り」

背景数ページずつ進んでいます。



昔を思い出してみると不思議な事ばかり
ありました。

今回のブログはこれまでのブログで書いたことのない
不思議な体験を書いてみたいと思います。

今までで一番不思議だったのは
クロアゲハの話。

これは以前釣りのブログに書いてみました。
もう10年くらい前の話で震災の頃の話です。
ご興味のある方はこちらに書いてあります
のでぜひご覧になってみてください。
https://bluelightscope.blogspot.com/2011/07/blog-post_29.html

これまでに書いたことのない実体験の怖い話を書きたくなったので
書いてみます。

苦手な方はスルーお願い致します。


学生時代の頃の話です。

前日に夜更かしをしてしまったからか午前中の講義の時間
中に眠くて仕方なくなりました。

これでは集中できないとちょっとだけ教室を出て
居眠りをすることに決めました。

場所はロッカー室。

ロッカー室のロッカーに寄りかかるようにして寝ていました。

数分経った頃でしょうか。

バタンーーッ!

ものすごいドアの音がして目が覚めました。

ドアを開けている人が怒っているかのような
すごい音だったのであっ、誰かに居眠りしてるの
バレた・・。そう思いました。

バタンと大きな音がしてすぐの事です。

入ってきたのは女性。

しかもハイヒールを履いています。

歩くとカツッ!カツッ!と音がするのですが
生徒にハイヒールを履いている人はいません。

その音がだんだん自分に近づいてきます。

その近づき方が恐ろしいのなんの・・。

途中にある鉄製のロッカーを突き抜けて歩いてくるんです。

カツッ!カツッ!カツッ!

やはり狙いは居眠りをしている自分。

自分は目を閉じたままでしたがなんと自分の目の前に
やってきました。

ロッカーを突き抜けて歩いてくる女性。
この世の人ではありません。

グッ!

その瞬間、目を押さえつけられました。

と思ったらさらにグッ!と力を入れて
自分の目を開こうとしてくるんです・・。

すみません!もう居眠りしません!

そう思っていると黄色い光が目に差し込んできます。

目の前にある窓からの光でした。

目が開いてもハイヒールの女性も誰もそこにはいないのでした。

こみ上げる恐怖。

真面目に講義受けてきますーーー!

そう思って急いで教室へと向かったのでした。

図でそのロッカー室の様子を描いてみました。




友達に話すとあの新しいロッカー室でそんなことが?
とあまり取り合ってもらえませんでしたが
神妙な面持ちをしていたのを覚えています。

その女性はきっと居眠りに怒って起こしてくれたのだと
思っています。

第一話、読んでいただいてありがとうございました。